株式会社アイナデベロップメント

“耐震性”ד快適性”『SEパッシブ』

私たちは『夏に涼しい家』
『冬に暖かい家』の作り方を知っています。
あなたの家は快適ですか?
家を建てる時の理想は「夏に涼しく、冬に暖かく」。
しかし、一年を通じて快適な住まいにするポイントが理解されておらず、
まだ少ないのが現状です。
そんな夏や冬の不満を解消する家づくりが『SEパッシブ』です。
「SE構法」と「パッシブデザイン」を両立することで、
“耐震性”と“快適性”の確保を実現します。

SE構法 耐震性の確保×パッシブデザイン 快適性の確保 図

木に金属、という安心

耐震構法 SE構法

命を守る最先端の構造技術、
それがSE構法です。
従来、鉄骨造やRC構造において主流であったラーメン構造を、
日本の木造住宅に取り入れたのがSE構法です。
ラーメン構造は極めて信頼性が高く、
20世紀以降の近代建築の主役というべき構造ですが、
鉄やコンクリートのような強度計算ができる
均質な部材を前提にしているため、
日本の木造住宅に取り入れられていませんでした。
その中でSE構法は地震大国日本において、
日本人が最も住みたいと願う「木の家」に、
ミリ単位の部材管理や立体解析による構造計算など行うことで、
今までになかった地震に負けない強さと木造の美しさを両立させました。

耐震構法 SE構法 構造計算 構造保証 供給・管理 施工 図

木に金属、という安心 耐震構法 SE構法

“大地震”でも
主要構造部に被害なし。
SE構法は、
新潟県中越地震、福岡県西方沖地震、東日本大震災、熊本地震の
近年稀にみる大規模地震を震源地付近にて経験しましたが、
これらの地震に対して構造的被害はなく、
安全性が確認されています。

耐震構法 SE構法 図

自然と調和した暮らし

パッシブデザイン

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械をできるだけ使わず、太陽の光、熱、そして風といった
「自然エネルギー」を最大限に活用・調節して、
快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法です。
パッシブデザインのポイントである南面の大きな窓や吹き抜けを、SE構法が得意としているため、快適性をより向上させます。
夏や冬は必要な時に少しだけエアコンを稼働することで、とても心地よい温熱環境となります。
中でも、SEパッシブの基本要素である下記5原則を検討していくことが重要です。

夏のパッシブ

日射遮へい(窓の日除け)涼しさを決めるベースになります。

自然風利用(窓 + 吹き抜け + 間取り)身体も涼しく感じ建物全体も冷やします。

冬のパッシブ

日射熱利用暖房(南面窓) 晴れた日の暖かさを決めるものです。

断熱(窓 + 断熱材) 暖かさを決めるベースになります。

通年のパッシブ

昼光利用(南面窓)自然の光で明るい家をつくります。

『SEパッシブ』にすることで、SE構法の安心な耐震性だけでなく、

1
快適な室温
2
温度差をつくらず家族が健康に
3
光熱費の削減

が実現できます。

自然なエネルギー(太陽・風)をうまく取り入れたり、
ときにうまく遮断できる建物にすることで、設備に頼りすぎず、
一年中自然な心地よさを実現させる。

「夏に涼しく、冬に暖かく」
そんな『SEパッシブ』を私たちは提案します。